前へ
次へ

防災ハザードマップの建物被害危険度

新たに住宅を購入するとき、どの住宅をどの立地で購入するかは重要な問題になるでしょう。
人気の立

more

なぜ任意売却でなく競売されるのかを考える

住宅ローンを利用して不動産を購入することは多いでしょうが、いろいろな事情で返済できなくなるときもあり

more

競売物件のリスクを知って購入を検討する

不動産を安く購入する方法の一つに競売入札の参加があります。
不動産を住宅ローンを利用して取得し

more

洪水ハザードマップを参考に立地を考える

地震は全国で日々起こっていますが、多くの家屋が倒壊するような大きな地震は毎年起こるわけではありません。
地域によって異なりますが、数十年から数百年の周期で起きていると言われます。
一方水害の被害は毎年起こっていて、床下浸水などのニュースは台風の時期などによく見かけるでしょう。
新たに不動産を購入しようとするとき、洪水ハザードマップを参考に立地を考えると良いかも知れません。
各地域には海や湖、河川などがあります。
それぞれ市街地に水が流れないような工夫はされているものの、想定外の雨量の雨等により氾濫するときがあります。
洪水ハザードマップを見ると浸水の可能性などが分かります。
河川に近いとどうしても浸水の可能性が高くなります。
又河川から離れていても海抜からの高さが低いと水が流れ込んでくる可能性が高くなります。
人工的な洪水対策が施されているところだと河川が近くてもそれほど危険がないところもあります。
雰囲気だけでなく、地図データをしっかり確認して決めると良いでしょう。

予算で家を諦めたくない
それなら千葉県の工務店クレヴァーの家にお越しください

初期費用を抑えて大阪で家具付き賃貸に住む
すでに家具が揃っているから新しく買う必要はありません

Page Top